アメブロで記事ごとにやるとお客様とつながるチャンスが増えるたった1つのこと

アメブロを使っているおうちサロンの方は、非常に多いと思います。

ここでは記事を書くたびに、是非やったほうがいいことを、お伝えしますね。

記事下のクリックポイントを作る

結論からいうと、

記事の一番下に、何かしら次につながるアクションを起こせる、ボタンやリンクをつけること。

マーケティング用語で、CTA(Call To Action)といいます。

お客様に”求める行動”ですね。

私のブログも、記事を読み終わったら最後に表示されるようになっています。

WordPressでは一度設定すれば、自動的にすべての記事の下に表示されます。

でもアメブロだと、記事ごとにコピペしないといけないですね。(自動で挿入する方法もありましたが私はうまく動作しなかったので、オススメしていません・・)

面倒かもしれませんが、これがあると無いではアメブロでの集客率が変わってきます。

では、その理由とコツをお伝えしますね。

どこから入ってどこへ出て行くか

まず、あなたのブログにお客様がどこから辿り着いたか?(入り口)というところから、考えていきます。

アメブロだと・・

  • 読者登録
  • いいね!された
  • 誰かのリンク
  • 検索
  • Facebookのリンク
  • Twitterからのリンク

などなど・・・

そこから、トップページやプロフィールページに行くか、ダイレクトに記事ページいくか・・

どちらにしても、ほとんどの場合、1記事ぐらいは読んでもらっているハズ。

で!その後です。

ブログでもHPでも、

入り口は複数、出口は1つ

これがとても重要です。

この、たった1つの出口にするのが、CTAの役目です。

設置例

一般的にCTAの設置例としては、

  • メルマガ登録
  • セミナー申込
  • 商品購入
  • HPへのリンク
  • メニュー、スケジュールのリンク

などなど・・たくさんあります。

何を置くかは、アメブロをどういった目的で使っているかで違ってきます。

導線を見直す

アメブロだけですべてを完結している方(宣伝、クロージング、日記、実績紹介・・)は、直近のスケジュールやメニュー一覧、最新イベントや講座の募集記事が下に書かてれいると思います。

告知例

アメブロを入り口として、WordPressやメルマガで宣伝したい方は、バナーなどを利用してページへ流します。

CTAの例

これは各メディア(ブログ、HP、メルマガ、Facebookなど)を、どう使うかによって違います。

一度、自分の使っているメディアと、お客さまの導線を洗い直すきっかけにしてみてください。

初めて来てくれたお客様とのご縁

洗い直しの際に意識していただきたいのが、初めて記事を読んでくれたお客様の目線になることです。

  • いつも「いいね!」してくれている方
  • 同業者
  • (物理的にお客様になり得ない)アメブロ読者さん

のことは外してください。引き続き、いつでもブログで会えますから。

大事なのは、検索やSNS経由であなたの記事に初めて訪れた方

この方たちが、

  • ”お気に入り”に登録してくれるか
  • (ブロガーだったら)読者登録してくれるか
  • 他の記事を読んでくれるか
  • メルマガに登録してくれるか
  • セミナーに来てくれるか

これらはもちろん、その記事の内容の質に関わってきますが、

記事を読んで、ブラウザの『閉じる』ボタンでさよならしないで、

運命の出会いをつなぐために置くのが、CTAです。

わかりやすいのが一番

ではどんなCTAを置けばいいのか?

ただ、1つだけ言えることは、シンプルでわかりやすいこと。

あれもこれも置きたいのですが、迷わせないことが一番です。

本気で受けたいと思っているお客様は、勝手にあらゆる記事を回ってくれます。どんなに迷っても、自分で申し込みボタンを探し出します。自分でも、目的が決まってたらそうですよね。

でも、そんなモチベーションの高いお客様は、あなたのブログを訪れる方の中の、たったの1%です。

そうではない、

『今すぐじゃないけど、いつか役に立つかも・・』と訪れたお客様とのご縁を、

どうしたら繋げられるか?

を考えるのが、Webマーケティングです。

記事下に置くといいもの

一番簡単にお客様と繋がれるのは、やはりメルマガ(無料テキストのダウンロード、ステップメール含む)です。

でも、お金をかけずにやるとしたら・・

記事下に置くといいもの
  • 関連記事へのリンク(少しでも滞在時間を増やしてもらう)
  • フォームの設置(問合せてくれた方に無料で何かをプレゼントするなど)
  • 導線をきっちり作ったHPへ案内する

まとめ

  • 記事の最後に置くボタンのことをCTA(Call To Action)という。
  • ブログやHPは『入り口は複数、出口は1つ』が基本。その出口となるのがCTA。
  • 基本は『今すぐにお客様にならない方』とのご縁をつなぐためのもの、と考えた方がいい。
プレ講座11/7より限定配信

「なぜか売れてしまうサービスの原則」「響くキャッチコピーの作り方」「今すぐ真似できる集客のコツ」・・など、プレ動画を期間限定(11/7〜11/17まで)無料配信!

アメブロ
Follow Me
F-Labo
タイトルとURLをコピーしました