【アメブロ×メルマガ】初めてでも集客チャンスが倍増する理由と実践のコツ

「アメブロで集客をしているけど、メルマガも始めた方がいいのかな?」

「そもそも、なぜみんなメルマガをやっているのかな?」

そんな疑問をもったことはありませんか。

アメブロ集客をしている人がメルマガを意識しているなら、まず両者の目的の違いを知っておくことが肝心です。

ここを正しく理解できていないと、それぞれの良さを活かすことができません。

両者の役割を理解した上で、どのように使い分けていくと良いか、2つのメルマガ登録者合計3,000名以上持つ、女性個人事業主のためのデザイン&ビジネスサポートサービス F-Labo代表 伊藤真穂の経験も踏まえながら、この記事でお伝えします。

メルマガをやってみよう!と思ったときに、スムーズなスタートが切れるよう、配信開設までの手順もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

アメブロとメルマガの違い

アメブロとメルマガは、それぞれに適した役割があります。

簡単に言うと、

  • アメブロ=認知(知ってもらう)のための手段
  • メルマガ=販売(買ってもらう)のための手段

ということ。

役割りが違うため「どちらを使ったらいいか?」という比べ方自体できないのです。

「私はアメブロで販売までしているのだけど・・」

という方もいるかもしれません。

ですがその状態、実は少しもったいないです!

なぜ「もったいない」のかは、見込み客の存在について知ることで、理解できます。

見込み客とは?

見込み客とは、

「あなたの商品やサービスに興味はあるけど、今すぐ欲しい!というわけでない」

という方たちのことを指します。

言い換えれば、

  • 「私にはこれが必要」
  • 「今、必要」
  • 「ぜひ買いたい!」

と思ってもらえる可能性のある人。「今!」という気持ちになってくれれば、サービスを購入してくれる人たち、ということです。

ブログやホームページに訪れる方々のうち、9割以上はこの見込み客になります。

この層の人たちに対して、何もアプローチしないのはもったいないですよね。

見込み客の図

アメブロだけでも集客はできます。

でもそれは、上の図からも分かるように、1%の「今すぐお客さん」が買ってくれただけ、という話なんです。

それを待っていたら、労力と時間ばかりかかってしまいます。

より良い施策をしたいと考えているなら、ブログ訪問者の9割以上を占める見込み客に対してするべきなのです。

これをするか・しないかで、売上は全く違ってきます。

見込み客へのアプローチは、売上に大きく貢献してくれる可能性があります。

これを理解できたところで、改めてアメブロとメルマガの役割りを整理してみましょう。

アメブロの役割り

集客として使うとき、アメブロの役割りは次のようなものになります。

アメブロの役割
  • 自分の存在を知ってもらい、多くの人とつながる
  • 自分の発信分野に興味を持ってくれる人とつながる
  • メルマガの存在を知ってもらう

自分の存在を多くの人に知ってもらうために、アメブロは非常に役立ちます。

また、メルマガ登録のきっかけとなるのも役割の一つです。

メルマガではより濃い情報が得られるということを、アメブロ上で伝えていくことが大事になります。

メルマガの役割り

メルマガの役割りには、次のようなものがあります。

メルマガの役割
  • 見込み客に能動的なアプローチができる
  • 信頼関係をつくる
  • 見込み客を顧客に変える
  • アメブロで伝えられない内容の発信をする

たまたま見つけたブログを自らお気に入りに入れたり、再訪問してくれる可能性が低いことは容易に想像できます。

しかしメルマガに登録してもらうことで、そんな方たちとのご縁を切らせることなく、こちらからアプローチしていけます。

また、ただご縁をつないでおくだけでなく、読者との信頼関係を作っていくのもメルマガの大事な役割です。

「この人からなら、買っても大丈夫」

という信頼感や安心感をを与える働きかけができるのは、メルマガが得意とするところです。

信頼関係ができると、

「まだいいや」、「いつか」、「どっちでもいい」

そう思っていた方(=見込み客)にも、買わなくてはいけない理由を説明することで、「買いたい」という気持ちになってもらえるのです。

見込み客である方たちに、じっくりとアプローチしていける。これがメルマガの役割です。

「今じゃない」お客さんに、能動的にアプローチする仕組みができるメルマガ。

やってみる価値は大いにあると言えますよね。

アメブロしながらメルマガをするデメリットは?

見込み客の存在を知ることで、アメブロに加えてメルマガをするメリットは十分にある、ということが理解できたと思います。

しかしその一方で、メルマガを始めることで生まれるデメリットもあります。

考えられるデメリットは、次のような点ですね。

  • メルマガを書く時間が必要
  • 費用がかかる(月2,000円程度)
  • 登録してもらえないと、読んでもらえない

メルマガを始めると決めた以上、ある程度の作業時間は必要になります。

また、配信スタンドを利用するには費用もかかります。

しかし手間や費用をかけた結果が、集客へとつながったとき、デメリットを上回るものが得られます。

メルマガを始めるのであれば、ここを忘れずにいたいですね。

そして、3つ目に挙げた、

「メルマガは登録してもらわない限り、読んでもらえない」

というデメリット。

このデメリットを解消するには、登録者を増やすためのコツを押さえておくことが鍵となります。

メルマガを始めるまでに必要な準備

メルマガを始めるには、メルマガスタンドといわれる業者と契約が必要です。

メルマガスタンドには、有料のものと無料のものがあります。

結論から言うと、有料サービスの利用がおすすめです。

業者を選ぶにあたってチェックしたいポイントには、次のようなものがあります。

メルマガ業者を選ぶポイント
  • メルマガの到達率は良いか
  • 使い勝手は良いか
  • セキュリティは万全か
  • サポートは充実しているか

有料サービスには、

  • 法人向けの高額なもの
  • 一般ユーザー向けで月々3,000円ぐらいのもの

があり、「メルマガ おすすめ」等で検索すると高額な法人向けのサービスがでてくることが多いです。

月額2,000円のものでも、充分高機能です。

オススメのメルマガスタンドと登録者を増やすコツはこちらの記事にまとめてあります。是非参考になさってくださいね!

プレ講座11/7より限定配信

「なぜか売れてしまうサービスの原則」「響くキャッチコピーの作り方」「今すぐ真似できる集客のコツ」・・など、プレ動画を期間限定(11/7〜11/17まで)無料配信!

メルマガ
Follow Me
F-Labo
タイトルとURLをコピーしました